日本語教育の検定試験によって自分のスキルを証明

外国人に分かりやすく日本語を教える日本語教育の検定試験としては、日本語教育能力検定試験が代表的です。

誰でも自由に受験できる日本語教育の検定試験に合格すれば、客観的にスキルが証明された日本語教師として扱われます。

民間の団体が主催しているものの、日本の公的な機関からも有資格者として認められているため、日本語教師を目指す方法の中でも人気です。

日本語教育の検定は無限の可能性に満ちあふれています。

日本語教育能力検定試験は筆記試験が主体で、資格対策講座による受験勉強が効果的です。



通信講座でも十分に対策できることから、仕事や家事の合間に勉強している方も多く見られます。
合格によって日本語教師への道が開けるため、転職をしたい社会人や、家庭を守っている主婦などの様々な立場の受験生がいるのが特徴です。


有資格者になったら、日本語を教えている語学学校や、日本語を研究している教育機関、さらには海外で日本語の授業がある学校も対象になります。日本語教師の養成講座とセットで勉強するパターンもあるので、本格的に日本語教師になりたい方は一度検討してみましょう。


資格対策講座を開催しているスクールでは、日本語教育能力検定試験の講座と同時に受講することで割引になるサービスもあってお得です。
実習によって日本語を教える空間に慣れておけば、よりスムーズにプロの日本語教師としてデビューできます。
日本語を分かりやすく教える技術を身につけることで、外国人との国際交流の機会や、自分の付加価値を向上させるきっかけをつかめます。



社会をよく学ぶ

日本語とは何か!考えたことがありますか?現在、毎年毎年、新語が次から次と多く発生しています。これでは、学校で日本語教育を行うには大変変化が激しく困るでしょう。...

more

ためになる情報

日本語教育能力検定試験という検定をご存知でしょうか。これはJEES(公益財団法人日本国際教育支援協会)が年1回実施している検定試験です。...

more

社会の補足説明

日本語を習いたいという人は世界でたくさんいます。そういった人たちのために日本語を教えるのが日本語教師です。...

more

大人の常識

「日本語教育能力検定試験」は、日本語教育の専門家として、基礎的な水準にあるかを図る試験です。公益財団法人日本語教育支援協会が実施しています。...

more