日本語教育と検定試験

日本語とは何か!考えたことがありますか?現在、毎年毎年、新語が次から次と多く発生しています。

これでは、学校で日本語教育を行うには大変変化が激しく困るでしょう。

その新語を作るのは女学生だと言われています。
その女学生は、きちんと学校で日本語教育を学んできています。

では、その新語をよく使うところはどこでしょう?最近ではニュースの中にまで新語が使用しているのです。

それが一般化して広辞苑にまで載るものまで出てきました。


こういったものが増えてくると、昔使用されていた日本語が使われなくなってきて消えて行くもとになります。
確かに日本語も生きています。

時代毎に進化していっています。
日本語というのは、日本国内で使用されている言語をいいます。

気になる日本語教育の検定についての情報を提供しています。

それには会話用語、方言が一般的で、その他文学に使用される用語、放送用語、学術用語など様々なものがります。


その中で進化しているのは、歴史的に会話用語が一般的でした。


日本語の進化というのは、に非常使われてどのくらいで変わっていくでしょうか?以前は、10年〜20年くらいでは変わらなかったでしょうが、最近は1年毎新語が数個は生まれてきています。
日本語の検定試験には様々なものがあります。

教育関係を中心とした日本語教育能力検定、会社に重要な話しことば検定などが重要です。



新語が発生してテレビ界で使用されるようになると、テレビ中の番組、アナウサー同士の会話などから新語が広まっていきます。
そこで、話し言葉検定は早く新語を取り入れるようになりますが、教育関係を中心とした日本語教育能力検定はまだです。



こういったように、各々、新語が入ってくるのに時間差があります。
これらの連携をとっていくと、日本語の進化にバランスがとれ、テレビ局のアナウンサーも話しやすくなり、日本語教育にも安心がみられるようになるでしょう。