日本語教育能力検定は日本語教師への登竜門

日本語を習いたいという人は世界でたくさんいます。

そういった人たちのために日本語を教えるのが日本語教師です。
現在では日本語に関する検定は、「日本語検定」「日本語能力試験」「日本語教育能力検定」の3つがあります。


まず日本語検定は、日常、ビジネス問わずすべてのシーンで活用する総合的な日本語の力を測定します。


問題では「敬語」「文法」「語彙」「言葉の意味」「表記」「漢字」の6つの項目を網羅していて、7級から1級までの試験を実施しています。

日本語教育の検定の新しい魅力を紹介します。

日本語能力試験は、日本語を母国としない人を対象にしておこなわれます。

ようは英語を勉強する日本人のための英検のような位置づけになります。



N1、N2、N3、N4、N5の5段階のレベルがあります。一番やさしいのがN5で、一番むずかしいレベルがN1になります。日本語教育能力検定は、日本語を教える日本語教育者として、必要なスキルをもっているかどうかを証明する試験です。


日本語教師の登竜門ともいうべき試験で、年に一度実施されています。


合格点は150点後半〜180点後半が相場といわれています。



このように、日本語に関する試験は、目的に応じてそれぞれ違ってくるので、自分の目指す目標に合わせた試験を受けてみるといいでしょう。日本語教師となりたいのであれば、日本語を熟知しておかなければいけません。
日本語の能力を証明できる資格をもっていることで、自信にもなりますし、ビジネスの場で有利なことがあります。